ゼロクリスタルに関する記事

ゼロクリスタルの成分をご紹介!白くなる効果は?

世界初の酸化タングステン入り歯みがきジェルゼロクリスタル。なんとなく凄そうだけど、なぜ良いのかは分からないという方も多いのではないでしょうか。

成分って、名前も難しいですし分かりにくいですよね。そこでここでは、ゼロクリスタルの成分をできるだけ分かりやすくご紹介していきたいと思います。

酸化タングスキンで消臭・除菌・分解

まずは、ゼロクリスタルの売りでもある酸化タングステンから。

酸化タングステンに光が当たると光触媒効果が生まれ、接触する有機化合物や細菌などの有害物質を分解してくれます。

つまりゼロクリスタルには、光を当てるだけで自動的に汚れを浮かせて分解する力があるというわけです。

従来の薬品によるホワイトニングは取り扱いに資格が必要ですし、刺激もかなり強いものでした。

また、誰でも使える研磨剤は、歯を痛めてしまう危険性がありましたが、この光触媒効果によるホワイトニングは、歯を痛めずに刺激も少ないと、今注目されています。

しかも、口臭の原因でもある細菌まで分解して除菌してくれるので、消臭にも繋がるというわけですね。

酸化チタンで歯の汚れを除去

こちらも光触媒作用があり、ホワイトニングには欠かせないといっても過言ではない成分です。

酸化チタンには、青色LEDが当たると歯の表面に付着したステインなどの老廃物を浮かび上がらせるという力があります。

そして、浮かび上がってきたステインなどの着色汚れをブラッシングして除去すれば、歯は白くなっていくというわけですね。

しかも、着色汚れを除去したあとは、歯のコーティングまでしてくれるホワイトニングの強い味方です。

ヒドロキシアパタイトで汚れブロック

この名前は聞いたことがある!という方も多いのでは無いでしょうか。

ハイドロキシアパタイトなどとも呼ばれていますが、これはスペルの「hydro」の読み方の違いからきているもので全く同じものです。

歯の硬質成分の主成分とほぼ同じものですので、多くのオーラルケア商品にも積極的に採用されている成分ですね。

ゼロクリスタルに含まれているハイドロキシアパタイトは歯垢やステインなどが入り込みやすいミクロの傷を埋めて修復してくれるという作用があるため、汚れが再付着しにくくなります。

ホスホリルオリゴ糖で虫歯予防

ゼロクリスタルにはジャガイモのデンプンから作られている、リン酸化オリゴ糖のカルシウム塩も含まれています。

POs-Ca(ポスカ)という名前なら知っているという方もいらっしゃるかも知れません。

水にとても溶けやすいという性質があり、その安全性から、歯を意識した食品や飲料にも多く使用されている成分です。

通常のカルシウムとは違い、水に溶けた状態で歯に浸透するので、歯の再石灰化、再結晶化、再硬化を促進し、初期のむし歯から、健康な状態への回復を助けてくれます。

ヒドロキシアパタイトで汚れ予防

ヒドロキシアパタイトは、歯の表面のミクロの傷を埋めて修復し、表面を滑らかにしてくれます。

歯垢やステインなどの着色汚れは、歯の表面の細かな傷に入り込んでいるため落ちにくいものですが、歯自体が滑らかになれば、歯垢やステインなどの着色汚れが再付着するのは難しくなります。

また、たんぱく質を吸着しやすいことでもよく知られているので、歯みがきの際に使用すればむし歯関連菌をもしっかり吸着して除去しやすくなります。

リンゴ酸でホワイトニング効果

ゼロクリスタルの成分にはリンゴ酸が含まれており、その名の通りリンゴに含まれている酸の一種です。その酸性の力で歯の汚れを浮き上がらせて落としてくれるという働きがあります。

さらに、汚れの再付着まで防いでくれるというのは嬉しい限りです。

リンゴにはこのリンゴ酸が含まれているため、古くから歯をキレイにするスーパーフルーツとしても知られているのですが、実はリンゴ酸はブドウや梨などにも含まれているんですよ。

とにかく、安全性を心配する必要は全く無さそうな成分ですね。

キシリトールで虫歯効果

こちらはホワイトニング効果と言うよりは、むし歯予防のための甘味料として、アメやガムなどの食品に入っているイメージの方が強いかも知れませんね。

カバノキから発見されたもので、カロリーの低い天然の代用甘味料としてよく知られています。

スクロースと同程度の甘味と少しの清涼感があるのが特徴ですが、むし歯の原因菌(ミュータンス菌)のエサとならずに、その代謝を阻害して弱体化させるため、むし歯予防にも効果があるとされています。

まとめ

ゼロクリスタルの成分をご紹介してきましたが、確かに健康な白い歯へと導いてくれる成分がいろいろ入っているようです。

そしてゼロクリスタルには、日本初のLED歯ブラシ「ゼロパール」が付いてきますので、酸化タングステンや酸化チタンの光触媒効果もしっかり実感できそうですね。